「人間関係の悩み」を解消するには・・・

「人間関係の悩み」を抱えている人って、
少なくないですよね。

 

どこへ行っても人との付き合いはあるし
会社での人間関係はもちろんですが

家族や夫婦、恋人や友人との関係も、人間関係と言えるので
常に「人間関係の悩み」を抱える可能性はあります。

 

いうなれば
一生付きまとう「人間関係」

もし人間関係で悩んでしまったら、
どうすればいいのでしょうか?

 

実は、人間関係で悩んだ時
多くの人が間違った解消法をしようとします。

「心」は置いてきぼりにしたまま
「状況」をなんとかしようと思う人が大半なんです。

どういう事かというと…

 

私の例をお話します。
私もかつて、人間関係に悩まされてきました。

どこへ行っても浮いた存在で
仲良く会話するなんてもってのほか。
どうすればいいか、常に悩んでおりました。

 

「もしかして話し方が悪いんじゃないか…」

そう思った私は、
数か月間、話し方教室へ通いました。

そして
人の目を見て話せるようになり
会話術を身につけても、
人間関係の悩みは解消されませんでした。

 

当時は絶望的でしたね。
少し話せるようになっても、人間関係の悩みが解消されないなんて…

 

でも、今ならその理由がわかります。

私がなぜ、話し方教室へ通っても
人間関係の悩みが解消されなかったのかというと

 

それは
人間関係の悩みを抱えている人は
自己肯定感の低さが根底にあることが多いからです。

 

だから

「心」(自己肯定感の低さ)
は置いてきぼりにしたまま

「状況」(話し方を変える)
を変えても、無理だったんです。

 

自己肯定感が低いままですと、
何かと、自分を責めてしまいます。

人間関係が上手くいかない自分も責めますが
いつまでもウジウジ悩む自分だったり
解決出来ない自分を責めてしまいます。

 

自分のことを否定しているので
いつまでたっても自己肯定感があがるワケもなく
自分を責め続ける負のループから
なかなか抜け出せなくなります。

 

 

では、そんな状態をぬけだし
人間関係の悩みを解消するにはどうしたらいいのでしょうか。

 

それは
自己固定感をあげていくことです。

 

自己肯定感が上がれば
自分はここにいてもいいという安心感が生まれます。

この安心感が育まれますと
少しぐらいのトラブルではゆるがないマインドが手に入ります。


この「何があっても自分は大丈夫」というマインドを手に入れてしまえば
人間関係の悩みは激変します。

 

なぜなら
自分はここにいていいし
何があっても大丈夫

なので
人に対する思い込みや恐怖心がなくなるからです。

今までは「自分はここにいてもいい」という安心感がなかったので
人に攻撃されるのでは、、
と勘違いしていただけなんですね

 

では自己肯定感をあげるには
どうすればいいのでしょうか?

それは・・・

自分を責めるより、多くの「自分褒め」をしてください。

自己否定が強い人は
いきなりそれをやめることはできません。

「自己否定をやめてください」というと
それが出来ない自分を責めてしまうだけです。

なので
自己否定している以上に
自分褒めをしてくださいね。

 

いつも頑張っているね
いつもよくやってるよ

と、いっつも褒め続けて見て下さいね。
何十年も自己否定を続けてる人にとっては
難しいかもしれませんが

続けていくうち
少しづつ変わってきますので
やってみてください。

 

「自分は愛されている」
「自分は存在していい」
「自分は価値がある」

この思いが、あなたの当たり前になりますように・・・